育児日記


by snonoy
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

小さな月

パパのなまえは、「肖」
肖像画の肖。漢字をバラバラにすると、
「小さな月」になります。
その名の通り、パパはまるでお月様のような人。

太陽のようにギラギラとおしつけがましくなくて
でも、たしかな光でママとののちゃんを導いてくれます。
月光ってどうしてあんなに透明感があるのでしょう?
昔から旅人の心を癒してきたことでしょう。

迷った時には、小さな月を見上げればよい。

今日、ママとののちゃんの小さな月は、
おこのみやきをパクリと食べた。
その姿を見て、ママはビールが飲みたくなったけど、
昨日飲んだから今日はやめておこうと思いなおした。
[PR]
# by snonoy | 2005-09-05 23:06

コメントのちから

今までこのブログにコメントを下さった方
すべてにお礼申し上げます。

コメントのちからってすごいですね。
ここまですすめてこられたのも
コメントをいただいて
それがはげみになったからだと思います。
まだまだ文章だけの
こんなにシンプルなブログですが、
ぼちぼちやっていきますので
よろしくお願いいたします。
[PR]
# by snonoy | 2005-09-05 08:37

アルバム

ののちゃん誕生から五ヶ月たち、
写真も増えてきました。
お祝いでいただいたアルバムにコメントをしながら
きれいに写真を貼っていきました。

あっというまにアルバムがいっぱいになってしまったよ。

入院中
里帰り中
我が家に帰って
お宮参り
夏の日々
お食い初め

など、順番に貼っていくと
あら、もうアルバムのページがなくなってしまった☆

ひゃーーー!!
まだまだ収めたいベストショットがあるというのに!


アルバムの1ページ目をひらくと
小さなののちゃん。
ののちゃんがママのところにやってきた日
桜が満開でした。
ママはベッドの上で桜は見れなかったけど、
パパが写メを送ってくれたので、
その綺麗な桜を見ることができました。
そういえば、パパがママをお嫁さんに下さいと
じぃじとばぁばに頼みに来た日も桜が満開でした。
あの日の桜も忘れられないくらい綺麗だったけど、
今年の桜も格別でした。
どうやら桜が咲くと、ママのところに幸せが訪れるみたい。
すごいね。ののちゃん。
来年の桜は、一緒に見ようね!
そして、またひとつここに幸せが、ふわりと訪れますように・・・
[PR]
# by snonoy | 2005-09-04 23:37

人の気持ち

ベビーカーでうろうろするようになって
はじめて車椅子の人の気持ちがわかるようになった。

今まで気にもとめなかった
小さな段差に立ち止まり、
階段しかない駅では、ベビーカーをかついで四苦八苦。

この世の中には、まだまだ私の知らないことがたくさんあるようだ。
まだはじまったばかり!!

ののちゃんと一緒に♪
[PR]
# by snonoy | 2005-08-23 21:13

感謝の言葉

今日、パパが
突然
「こんなにかわいい子をうんでくれてありがとう」
って言ってくれた。

うれしかった(^^♪
[PR]
# by snonoy | 2005-08-21 20:34

天使

昨日、散歩をしてたら、知らない女の人がののちゃんをみて、
「かわいいね~」
「天使やね~」
と言ってくれた。

むふふ。

我が家のかわいい天使は、
パパにだっこされてスヤスヤ。

ちょっと楽しい散歩のひとコマ。



=追伸=
「男の子?」って言われたけど、
ののちゃんは、かわいい女の子です!
[PR]
# by snonoy | 2005-08-21 20:23

はじめての夏

ののちゃんのはじめての夏が半分過ぎて、
ののちゃんとの生活がすっかり板についたこのごろ。

朝、ののちゃんが起きる前に、できたら朝食をすませ、
掃除をして、片付けをしてしまいたい。
でも、ののちゃんは6時に起きます。
なかなか思うようにはいかないのだ。
でも、泣き声が聞こえて、ののちゃんを迎えにいくと、
ベッドの中で泣いてたののちゃんが、私の顔を見るなり、
ニコッと微笑む。

「ああ、今日も一日がんばれる!!」
と、思わせてくれる最高のスマイル(^^♪

たしかに、ののちゃんがうまれてから、
自分のペースで生きられなくなったけど、
だからどうした? って感じ。
ののちゃんが微笑んでくれたらそれで幸せ。
私の放浪癖はどこかに消えてしまったんだ。
世界中を旅したい! って、旅してどうなるの?
今の私は、世界中を旅するよりも、
ののちゃんを見てる方が、ずっとドキドキして、
楽しくて、心はいつも満たされる。

10年前のパパとの夏。七夕の京都。
そして祇園祭。あの夏は、最高に楽しかったよ。
パパと二人だけの10年。
そして、今年は、3人の夏。
今まで、ずっと楽しかったけど、もっと楽しくなったかも!
[PR]
# by snonoy | 2005-08-10 23:04

泣くこと

ののちゃんはよく泣くけど、なんで泣いてるのかよくわからなくて
今まではまずおむつをチェックして、
濡れてなかったらだっこをして、
泣きやんだらしばらくだっこをしてウロウロ。
それでもだめならおっぱいを飲ませるという具合だった。

最近は、泣いてる理由がわかるようになった。
だっこをしてほしい時の泣き方がまずわかった。
私の目を見ながら泣く。
おなかがすいたときは、目を閉じて顔を真っ赤にして大きな声で力いっぱい泣く。
おむつの時は、その中間くらいの力強さで泣く。
とにかく、だっこの時はゆるーーーい泣き方なのですぐにわかる。

今日は、すぐにだっこしてあげなくて、私も同じように「えーんえーん!」とまねをしていたら、さっさと泣くのをやめておもちゃで遊びだしてしまった。
なーんだ。やっぱりだっこの時の泣き方は本気じゃなかったんだ!
ちぇ!!

ののちゃん。Ⅰ love you!(^_-)-☆
[PR]
# by snonoy | 2005-08-07 22:00

お礼まいり

お礼参りに行ってきた。
もっとはやく行きたかったけど、落ち着いてきちんとお礼ができるまで待っていたら今日になってしまった。
ののちゃんが生まれて4ヶ月。
安産のお参りに行ったのは、去年の10月の戌の日だから、あれから10ヶ月になる。

腹帯をもらって、見てみると「女」と書いてあった。
女と書いてあったら男の子が生まれるジンクスがあるらしいけど、女の子がほしかった私は、五体満足で健康な子ならどちらでもいいと思うようになっていた。
「どうか五体満足で元気なあかちゃんがうまれますように・・・・・」
あんなに真剣にお参りをしたのは生まれてはじめて。

新しい腹帯をおさめて、お礼参りをした。
・・・・・やっと、ここに来ることができました。無事、五体満足で健康なあかちゃんが生まれました。本当にありがとうございました。丁寧に育てていきます。ありがとうございました。・・・・・
何度も何度も感謝の言葉が体の底から湧いてきた。
こんなに感謝の気持ちがこみあげてきたのは生まれてはじめて。

神様仏様、ののちゃんがステキな女の子になりますように!
祈願済みのお砂糖をもらってきたので、珈琲に入れてパパと一緒に飲みたいと思います。
世界一おいしい珈琲になることでしょう。

私がおさめた真っ白な腹帯。次は誰のところにいくのかな?
どうか元気なあかちゃんがうまれますように。







d0063903_2313383.jpg

[PR]
# by snonoy | 2005-08-02 22:53

注射

今日は、生まれてはじめての予防接種、BCGをうけにいった。
今日がくるのがずっと怖かったよ。
ののちゃんがびっくりして、痛くて、たくさん泣く姿を想像すると胸がチクンとしてしまう。

ああ!この日が来てしまった! ずーーん。
一番かわいい洋服を着て、かわいいくつしたをはかせようとしたら、そのくつしたが見あたらない。ああ、なんだか本当にブルーになってきた・・・

でも、ののちゃんはほとんど泣かなかったのだ。
2回目にあーんあーんと少し泣いた程度だった。
この日が来るのが怖くて悶々とした1ヶ月はなんだったんだ。
こどもって強いなぁ。
ののちゃんは私が思ってるよりもずっとたくましく毎日を生きてるんだと思った。
うれしくもあり、少しさみしくなってしまった。
いつまでも私のかわいいあかちゃんでいてくれるわけないか。
あっというまに大きくなってしまうのかな。

できるだけゆっくりと時間がながれますように・・・・・
今日もたくさんの笑顔をみせてくれてありがとう。
[PR]
# by snonoy | 2005-07-21 23:54

梅干し

先日、お食い初めをした。
母が作ったきれいな料理を並べ、
父が雨の中いくつもの神社をまわって拾い集めた小さな石を添えて。
歯固めの石は、ののちゃんのいつか生えそろう歯が丈夫になるように祈りを込めて。

梅干しは、その小石の横にぽとんと置かれていた。
赤くてしわしわの梅干しは、なぜかひときわ目立っていたよ。
梅干しを見ると、おばあちゃんを思い出す。
おばあちゃんの唇は梅干しみたいにしわしわで、その梅干しの唇に梅干しが吸い込まれるのを不思議そうに眺めていた小さな私。
相撲がおわると、おばあちゃんはようやく食卓につく。
おばあちゃんの席は私の右隣で、おばあちゃんの梅干しみたいな唇から、梅干しの種がぽとんと落ちたら、あとはお茶をゆっくり飲んでおばあちゃんの晩ご飯は終了する。
お茶碗の中のひとつぶの梅干しの種は、一日の静かなおわりみたい。

もうおばあちゃんはいなくなって、ののちゃんを見てもらうことはできないけど、
どうかこの梅干しによせた祈りを聞き届けてください。
ののちゃんが、この梅干しみたいにしわしわになるまで元気で長生きしますように・・・・・・
d0063903_23245361.gif

[PR]
# by snonoy | 2005-07-20 13:23

モアイの島へ

初めての海外ひとり旅。
訪れたのは、イースター島。
こどもの頃からどうしても行ってみたかったモアイの島へ。

モアイは現地で「天を見つめる眼」と呼ばれていた。
素朴な島にモアイはひっそり佇んで、
触れながら同じように天を見つめてみれば、
私の答えはそこにでていたよ。

翌年、ののちゃんがうまれた。
空と海と大地とモアイ。
決めたのは自分。

まもなく、ののちゃんがうまれて100日になります。
まだ寝てるだけの日々。天をみつめるだけの日々から、
おすわりして、歩けるようになったら、ののちゃんは何を見ようとするのかな?


d0063903_1654541.jpg

[PR]
# by snonoy | 2005-07-01 22:34

絵本

絵本を読んであげた。
まだあまりよく見えない目でじっと絵を見つめていたよ。
そのひたむきなまなざしに圧倒されて続きを読めなくなってしまった。
はっとした。
泣きそうになってしまった。

この子がついこのあいだまで私のおなかの中にいたなんて。




d0063903_1115563.gif

[PR]
# by snonoy | 2005-06-30 07:16

生まれて3ヶ月たった。
思い返してみれば、寝顔と泣き顔ばかりの日々から、すこしづつ笑顔が増えて今では楽しそうに声を出すようになった。
なんてやさしい声なんだろう。

この子に会うために今まで生きてきたのかと思うくらい愛しい寝顔。
毎日思うことは同じ。
「うまれてきてくれてありがとう」
[PR]
# by snonoy | 2005-06-28 22:23

よく泣く子

うまれてちょうど二ヶ月になる我が子。
どんどん大きくなっていくのに、毎日みているからその成長がよくわからない。
写真をみてびっくりする。
こんなに小さかったの?

うまれてきてくれてありがとう。
はじめて、産院でみた米粒くらいの命の写真。
少しづつ大きくなっていくおなか。
つわりの日々は泣きたくなるほどしんどかったよ。
安定期にはいると、ご飯がこんなにおいしいのかと思いました。
毎日毎日丁寧に過ごしました。
臨月には毎日たくさん歩きました。
はやく会いたいと願いながら。
お腹をポンポン蹴る我が子はどんな顔をしているのかと想像しながら。

あなたをはじめて見たときには、天使が舞い降りたのかと思いました。
小さくて、ほやほやとした顔。
やさしくてやわらかな寝顔。
ここに舞い降りてきてくれてありがとう。

d0063903_22595428.gif
[PR]
# by snonoy | 2005-06-04 18:17