育児日記


by snonoy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

じぃじの床屋さん

実家にカレンダーを届けに行ったら、
じぃじが、ののちゃんの前髪を見て、
「長い!目にかかる!」
と言い出し、散髪することになった。
d0063903_827523.jpg


私が小さかった頃は、いつもじぃじが髪を切ってくれていた。
いつも突然その日がやってくる。
長い髪が好きだった私は自分から髪を切りたいと言い出すことはほとんどなかった。
「髪、きるぞー」
とじぃじの声がして、庭に出ると、イスと散髪セットが用意されていて、あっというまにチョキチョキザクザク切ってしまう。
低学年まではそんな風な日々だったように思う。

これは、その時のイス。
ののちゃんは、おりこうにおとなしくしていた。
私もこんな風だったのかな?
[PR]
by snonoy | 2007-01-29 08:46
ののちゃん。
飛行機ブーンを見に行きましょう。

伊丹スカイパークへ行ってきました。
滑走路が目の前!!
ゴゴゴゴゴーーーーーー!!
すごい臨場感☆
d0063903_875071.jpg
あっというまに飛んでいき、またすぐに着陸する。次々にやってくる!!

d0063903_892270.jpg
冒険の丘には、立体迷路やローラーすべり台など、おもしろそうな遊具がありました。

あたたかくなったら、お弁当持っていきましょうね。
[PR]
by snonoy | 2007-01-21 08:12

発表会

来月のはじめに、保育園の発表会がある。
毎日お遊戯の練習をしているようだが、先生は内緒にしていて何をするのか教えてくれない。
そしてののちゃんはおうちに帰っても、ふと思い出したように振り付けをしている。

ああ・・・・・・
すっごくたのしみ!!!!!
日曜なので、パパも行けるしね。

ののちゃん。
生まれてはじめての発表会だね。
がんばってね☆
d0063903_13104061.jpg

[PR]
by snonoy | 2007-01-20 13:11

紅茶とチョコレート

週末に、紅茶のケーキとチョコレートケーキを焼いた。
パパは、「チョコの方がおいしいかな?紅茶もおいしいよ。」
と言った。

今度は、珈琲のケーキを焼いてみようかな?

最近パパは、私とののちゃんに同じように話しかけるようになった。
一人にだけ話しかけると、もう一人に悪いと思うのかもしれない。
朝の挨拶も、いってきますの挨拶も、「今日も寒いね」なんていう他愛のないセリフも、きちんと二人にそれぞれに言う。

パパは、とても優しくて素敵なパパだと思う。

今日パパはSEAMOのアルバムを聴いている。
「ルパン・ザ・ファイヤー」が気に入っているようだけど、
私は「マタアイマショウ」がいいかな♪
[PR]
by snonoy | 2007-01-16 23:47

納得のいく日々

2007年!!!
今年も楽しく幸せな一年になりますように・・・

忙しい毎日ですが、
丁寧に過ごしていきたいと思います。
まずは、玄関をキレイにすることから・・・
そして、靴をたくさん出したままにしないこと。

小さなことを、コツコツと、先送りにせずに、今できることを、今きちんとしていけるように、私らしく、
納得のいく日々を過ごしたいものです。
[PR]
by snonoy | 2007-01-16 23:32

ののちゃんキッチン☆

最近、おままごとに夢中です。
d0063903_14382824.jpg

出産祝でいただいた、野いちごキッチン、いよいよデビューです。
d0063903_14384992.jpg

なぜか、塩コショーをパッパと振る手つきは本格的です。
d0063903_14402336.jpg

[PR]
by snonoy | 2007-01-08 14:49
近所の小さな公園に散歩に行った。
ののちゃんがブランコに乗ったり、お砂場で遊んだりしていると、
幼稚園くらいの女の子がシャボン玉をしているのに気がついて、
きゃ!きゃ!と喜んだ。
シャボン玉に触れようとして、追いかけて、
また、きゃ!きゃ!と大きな声をあげて、足をバタバタさせて、
「これはなに??」
「すごく、きれい!!」
「はじめて見たわ!」
(と、言葉を話すことができたら、きっとこんな風かな?)
大興奮のののちゃんだった。

あんまりにも、喜ぶののちゃんを見て、
その女の子は、シャボン玉をふき続けてくれていた。


ののちゃんを連れて帰ろうとするのだけれど、ののちゃんは帰ろうとしない。
しかたがないので、パパはののちゃんをだっこして、連れて帰った。
ののちゃんは、パパにだっこされながら、まだシャボン玉を目で追っていた。

知らない女の子へ
ののちゃんのために、ありがとう。

振り返ると、さっさと他の遊びをしていたよ。

いつか、一緒にしゃぼん玉して遊ぼうね。
もう少し大きくなって、シャボン玉の液を間違えて飲んだりしないようになったらね。
その日を楽しみに待っています。
[PR]
by snonoy | 2007-01-08 14:28