育児日記


by snonoy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

薪能

近所の神社で薪能をやっていたのでいってみることにした。
ののちゃんは、金魚柄の甚平さんを着て、私は今年新調した浴衣を着て。
パパはいつもより一本早い電車で帰ってきてくれて。

まず解説があって、能が始まったので、思っていたよりも楽しむことができた。
が、ののちゃんが予想通り騒ぎはじめたので、交代であやして、ついには途中で帰ることになってしまった。
ま、こんなもんでしょう。

薪の火がキレイでした。
夏の夜に似合っていました。
[PR]
by snonoy | 2006-07-30 10:59
職場の夏の大きなイベント、3つの小学校合同のサマーカーニバルがおわった。ホッ。


いよいよ、祭のラスト、私はミニーマウスに扮装し、頭に大きな耳とリボンをつけて、いざ出陣☆
担当につかされた時は、ギョエー! まいったなぁ。。。と、思っていたが、本番は、400人くらいの人の中でも、うちのこどもたちのことしか見えなくて(見ないようにして)、意外にも全く緊張しなかった。
練習の成果もあって、なんとか踊りきることができてようやく肩の荷がおりたぜ、やれやれと思っていた。

うちのこどもたちもバッチリ決めてくれたので、あとでみんなをほめてあげなくちゃと思っていると・・・・


「ミニーちゃん、すごくかわいかったよ!!」
「一番、上手だった!!」
「終わりの会で、誰が一番上手だったかみんなに聞いてみよう? みんな絶対、先生が一番っていうよ!!」
・・・・・
など、次々にうれしい言葉を投げかけてくれた。
そして、汗が滝のように流れている私を、うちわで扇いでくれるのだった。
まさか、そんな風にこどもたちが受け止めてくれたとは・・・・・
ひとりひとりにハグしたかったけど、尋常じゃないくらいに汗でベタベタだったので、やめておいた。



子ども会や、母親クラブや、老人会など、地域一体となった手作り感あふれる祭。こどもたちはみんなに見守られていることを何となく肌で感じとってくれただろうか?
[PR]
by snonoy | 2006-07-30 08:29
この夏、初のゴーヤチャンプルーを作った☆
う~ん。おいしい!!

夏の味。
ゴーヤと木綿豆腐と豚バラと卵。
あ~~、最高です。


テラテラと輝くゴーヤが目についた。
その毒々しい緑色がとても強引。
本当は、今日はゴーヤ料理を作る予定ではなかったけど、ついつい手が伸びた。
でも、それでよかった。
[PR]
by snonoy | 2006-07-24 20:02

富士山

以前から思ってたことですが、


富士山をのんびり眺めてみたいなぁ。。。。


宿のお部屋からいい感じで富士山が見えて、1日中眺めて過ごし、温泉にゆっくりつかる。

(新幹線で一瞬見える富士山も格別ですが。
寝てしまって、富士山を見過ごすと、かなりショックをうけてしまいます。)


そんな静かな日が訪れるのは、ずっと先のことかもしれません。
でも、本当にいつか、そんな旅がしてみたいのです。
[PR]
by snonoy | 2006-07-24 00:23

ママは、パラパラ☆

来週、3つの小学校合同の夏祭りが行われる。
お店の準備や景品作りに追われている。
全員で、ミッキーマウスマーチのパラパラを踊ることになり、なんと私がその担当になってしまった!!
どうしよう!! 
速すぎて、振り付けがついていかないよ!! 
それに、全部覚えられるのかな?
わ~~ん!! 
当日、舞台の上で、オロオロしたり、キョロキョロするなんて、許されないぞ!!

練習の日々。
ママがあたふた踊ってる横で、ののちゃんはおしりフリフリ・・・・
おててパチパチ・・・・・リズムに乗ってはしゃいでいます。
おっと、保育園に行く時間だ。
続きは、また後で。

ふぅ~~。なんとか、さまになってきた。
本番、ママはがんばりますわよ。
d0063903_2252473.jpg

[PR]
by snonoy | 2006-07-20 22:51

はじめての絵

d0063903_22381233.jpg
とても見えにくいですが、ののちゃんがはじめて描いた絵です。

色鉛筆は、まだ難しそうですね。
クレヨンを買いにいかなくちゃ。
まだ、いろんなものを口に入れてしまうので、舐めてもいいクレヨンを買った方がいいのかしら?
[PR]
by snonoy | 2006-07-20 22:40

私を呼ぶ音色

ののちゃんを寝かしつけているうちに私も寝てしまった。
熟睡していたはずなのに、ふと目が覚めると、私の大好きな曲が流れていた。
パパが今度のドライブの時に流す音楽の編集をしていたようだ。
たくさんの曲が流れていたはずなのに、私は大好きな曲のところで目覚めた。

何年かぶりに聴いた大好きな曲。
妊娠してからは、おなかの赤ちゃんのために胎教音楽を聴き、ののちゃんが誕生してからは、愛するベビーの為に、童謡を聴く日々。
それはそれで楽しかった。


でも、やっぱり音楽ってスゴイ☆
この曲は、私の魂というか核に響いて、どうしようもないくらい感動してしまう。

人に音楽は必要だなぁ。
映画「タイタニック」で、沈没まで音楽を奏でた演奏家を思い出す。
一度は逃げる準備を始めるものの、一人が思いなおしたように演奏を続け、その姿を見て覚悟を決めた仲間たち。
覚悟の上の音色は、最期の瞬間まで人々に優しく響いたことだろう。

ののちゃんの笑顔のために、私自身を忘れている場合じゃない。
好きな音楽を聴いて、明日、ののちゃんと、もっと楽しい時間を過ごせたら問題なしだ。

つまり、そういうことだ。
d0063903_22312918.jpg

[PR]
by snonoy | 2006-07-20 22:33

昔風景

うちのまわりは、田畑が多い。
ついこのあいだまでは、畑にこのあたりの伝統野菜である一寸豆がたくさんできており、近くの小学生が収穫にきていた。
と、思ったら、あっというまに水田になり、また小学生が田植えをしている。
きれいに苗が植えられて、等間隔の緑色がとてもきれい。

なぜか、この一画だけが取り残されたような昔風景が広がっている。
道路一本渡ると全く別世界が広がっている。
このまわりだけが、別の時間を過ごしているようだ。

ののちゃんに、この、季節のうつろいを見せてあげられることがとてもうれしい。
春の蓮華畑。そして、野菜の収穫、そして茶色の水田の後には、鮮やかな緑の苗。秋には金色に輝き。そして、冬。
また、それのくりかえし。

そんな風景を毎日毎日、見て育つののちゃん。
常に変化を続ける自然。
また季節は巡るという安心感に包まれて、
親の愛情と、大きな大きな何か安心できるもののまんなかで、ののちゃんはいつも微笑んでいてくれるでしょうか?
[PR]
by snonoy | 2006-07-07 10:21

去年の写真

ちょうど、去年の今日写したののちゃんです。
d0063903_10265842.jpg

まだ髪の毛ほやほや。

今は、毎日ふたつにわけて結んでいます。
保育士さんに、「トトロのメイちゃんみたいね」と
言ってもらいました。
るるる~~。
名づけの候補の中に「めいちゃん」も入っていたんです。
[PR]
by snonoy | 2006-07-05 10:30

トンネルですか?

最近、ののちゃんはよくこんなポーズをしている。
d0063903_10172068.jpg

両手両足を地面につけて、おしりをぴょーん!!
さんかくおにぎりのような、トンネルのような形です。

さあさあ、もう保育園に行く時間だよ~~。
d0063903_10195234.jpg

自分でぼうしをかぶれるようになりました♡
d0063903_10205464.jpg

[PR]
by snonoy | 2006-07-05 10:21