育児日記


by snonoy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

てんとう虫

西洋では、てんとう虫が衣服にとまると、幸せをもたらしてくれるという言い伝えがあるらしい。

今日、ののちゃんを保育園に送りとどけて駅に向かっていると、ママチャリの風よけに、てんとう虫が一匹とまった。
信号で自転車が止まるまで、ずっと一緒だった。

なにかいいことあるかな?



夜、ののちゃんが鼻に指をつっこんで、鼻血を出した。
ぎゃーと大騒ぎをして、バタバタしているうちに、一日が過ぎていった。

でも、今日もいい一日だったと思う。
[PR]
by snonoy | 2006-04-25 05:36

水出し珈琲

私もパパも無類の珈琲好き。
妊娠発覚してから、断乳するまでの間、私一人、インスタントのカフェインレス珈琲を飲んでいたのだが、やっぱり味が・・・・・・。
物足りないのだ。
時々、パパが珈琲を飲む前に、
「匂いだけでも嗅がせておくれーー!!」
と、カップを奪い、クンクンクンクン!!!!!!

断乳して、珈琲を遠慮なく飲めるようになった。
先日、初めて水出し珈琲を作ってみると、
とてもおいしくて感動した。
珈琲は、加熱すると酸味が出るようだ。
水出しの場合は、酸味が全くなくて、とてもまろやか。
珈琲が苦手な人も、きっと飲めるのでは?
逆に、珈琲のあの独特な感じが好きな人には物足りないのかも。

これから、アイス珈琲がますますおいしくなる季節。
近所に、おいしい水を汲みに行き、夜作って、(8時間かかるので) 朝、飲む!!
いいじゃな~~い?
[PR]
by snonoy | 2006-04-22 06:33

また熱が・・・・

職場に保育園から電話がかかってきた。
運動場にいた私はそれを聞いて、また熱が出たんだなとすぐに確信して、大急ぎで部屋に戻った。
責任者を探し回って、校舎を走り回り、ようやく見つけて、時間休暇の承諾を得て、慌ててののちゃんの待つ保育園へ。

ののちゃんは、ちょっとさみしいのかもしれないなぁ。
先月までは、保育園の中で一番小さかったののちゃん。
先生にたくさんかまってもらえてたことでしょう。
でも、4月になってゼロ歳児クラスには、ののちゃんよりもっと小さなお友達がたくさん入ってきた。
まだ寝返りもできないような赤ちゃんや、ようやくお座りができるようになったお友達の中で、ののちゃんは一番お姉さん。
先生にだっこしてもらえる回数が極端に減ったのはあきらかだ。
ののちゃんは、
なんで? どうして?
って思ってるのかもしれない。

それと、3月の一ヶ月間だけ一緒に過ごしたお友達は、1歳児クラスのたんぽぽ組に進級した。
4月1日の段階でまだゼロ歳のののちゃんは、もう1年もも組ということになる。
よく、たんぽぽ組の部屋をじっと眺めているそうだ。
なんで、みんなあっちの部屋にいるのに、私だけこっちにいるの?
みんなのところに行きたいな・・・・
と思っているのかも。
たんぽぽ組のお友達は、ののちゃんに優しくしてくれたもんね。
新しいもも組のお友達は、まだ小さくて一緒に遊べないから、ちょっとさみしいのかも。

ののちゃんの熱が早く下がって、元気になってほしいです。
パパとママは、もう今から秋の運動会の話で連日盛り上がっています。
[PR]
by snonoy | 2006-04-20 09:49
中学校の国語の教科書にのっていた
室生犀星の詩をふと思い出した。
d0063903_9344957.jpg

続きはなんだったかしら?
ちょっと調べてみよっと。
[PR]
by snonoy | 2006-04-20 09:36

チューリップの前で

ののちゃん復活☆
熱が下がり、発疹はでなかった。
突発性じゃなかったんだね。
とにかく、よかったよかった。

d0063903_675872.jpg
週末、近所にオープンした大きな公園まで散歩に出かけた。
幼児・児童・大人コーナーに分かれていて、メインの児童用の遊具は、大きなローラーすべり台に、ターザンのようにロープにつかまって移動できるものや、その他もりだくさん。
幼児用は、お砂場や小さめ遊具がいくつか。
大人コーナーは、健康器具が備わり、
各コーナーが少し離れたところにあるため、幼児も安心して遊べるようになっている。
そして、広い広い芝生の多目的広場。
シートに座り、お弁当を食べているファミリーもいた。
公園を一周するだけでも、いいお散歩になる。
素敵な公園が近所にできて、ラッキーだ♡
d0063903_691028.jpg

まだオープンしたところなので、すごい人だった。
ただの公園なのに、まるでUSJ状態。
すごい活気!! しばらくすると落ち着くでしょう。
[PR]
by snonoy | 2006-04-18 06:12

ゴム印注文しました

毎日、保育園に持って行く物。
・着替え上下3セット
・パジャマ
・体ふき用タオル1枚
・おしりふき用タオル2枚
・エプロン2~3枚
・手ふきタオル2~3枚
・紙おむつ6枚
・ナイロン袋3枚

これらすべてに名前を書かなくてはいけない。
紙おむつにまで!!
とても大変。
そこで、ママ友わかたんに教えてもらったゴム印作戦。
私も注文してみることにした。
d0063903_21542360.jpg

洗濯しても落ちない布用の油性スタンプインキで、ポンポンポン・・・・
おむつも、タオルも、洋服にもポンポンポン!!
わーい!!
とってもらくちんだぁ。
注文してよかった~。
わかたんありがとーー☆
[PR]
by snonoy | 2006-04-15 22:06

40,6度!!!

ののちゃんが高熱を出して、日曜日に救急病院に走り、
40,6度の高熱が3日続いた。
月・火・水は、ばぁばと、じぃじに会社を休んでみてもらった。
私がようやく有給が取れたのが木曜日。
夜中に何度も泣くので、ほとんど睡眠時間がとれず、へろへろになりながら出勤。
嵐のような1週間だった。

高熱で心配だったけど、
機嫌がいつもと変わりなく、
食欲もいつもと変わりなかった。
消化のよいやわらかいおかゆを用意しても、
「いつものがいい~~」
と催促するので、いつも通りの食事を用意すると、
パクパクパクパク・・・・
あなた、今、ものすごい熱があるのですよ。
と、教えてあげないと、自分では全く気がついていないような状態だった。
ほんと、よく食べますね~。

魚が大好物の、ののちゃん。
ママに似たんですね。
魚は、毎日欠かせません。
私たちより、いいもの食べてます。

というわけで、先週はお花見に行きそびれてしまいましたので、
また、来年、お花見に行きましょう。

=おまけ=
じぃじとばぁばが、最近、本当におじいちゃんとおばあちゃんに見えるようになってきた。
去年はまだ、やさしい父と母だった。
今は、もっともっとやさしい、じぃじとばぁば。
どうしてそんなにやさしいの?
その底なし沼のような深い深いやさしさに包まれて、私はここまでたどりついてきだんだなぁ。
[PR]
by snonoy | 2006-04-15 09:34

最強の生き物

自転車通勤できるところに異動願を出し、いいママチャリも購入したのに、辞令は2駅先の小学校だった。
が~~ん。
しばし、呆然・・・・。
ま、でも以前と比べると随分近くなったものだ。
たった2駅!! と、思うことにした。


世の中は、春。
かろやかな通勤ファッションに駅のホームがとても華やか。
シフォンのスカートが揺れている。
なのに、私と言えば、はき古したジーンズに運動靴に大きなリュック。
「今から登山ですか?」
と聞かれれば、
「・・・・・・はい。」
と返事するよりしかたのない服装。

だって、着替える時間がもったいないもの。
そんな時間があれば、1秒でも早くののちゃんを迎えにいきたい!!
だから、私は職場で子供たちと運動場を走り回れるような服装で通勤し、そのまま仕事が終れば、駅までダッシュ!!電車を降りたら自転車置き場までダッシュ!!
そして、ののちゃんの待つ保育園へダッシュ!!!!!

でも、初日の朝のラッシュのホームで、かなり浮いてるな、あたし・・・・。と軽くへこんでいると、
仲間がいた!!
18歳くらいの専門学生風の女の子が、ジーンズ姿で立っていた。
そそくさと、彼女の横に立ち、ひそかにジーンズ同盟を結び、できるだけ風景に溶け込むように努力してみた。

しかし!!
そんなことする必要はないのだ!!
働くママは、この世で最強の生き物なんだ!!
斜め上を見上げ、ニカっと笑えば、向かうところ敵なし!!
「今から登山ですか?」
と尋ねられたら、胸を張って、
「そうです!!」
と答えればよいのだ。
(だから違うってば)

今日もジーンズにボロボロのstan smithを履いて、私は元気よく家を出た。
桜、満開。
何も言うことなし。
最高にハッピー。
[PR]
by snonoy | 2006-04-10 21:30
名づけで一番考えたことは、
ありふれた名前は、できるだけ避けたかった。
仕事柄、同じ名前が二人いると、少々面倒なことになるからだ。
「○○ちゃ~ん」
と呼ぶと、「は~い」と二人やってきて、
「あ、ごめん。こちらの○○ちゃんに用でした」
みたいな感じ。
でも、あまりに個性的すぎる名前もどうかと思ったので、
やさしく、おだやかで、少々古風なイメージの名前にしたかった。
そこで考えたのが「のの」
これならば、あまりいないんじゃない?


私は、桜満開の日に誕生したののちゃんなので、できれば名前に「桜」という字を使いたかったのだけど、パパが「のの」にしたいと強く希望したので、パパの意見を尊重することにした。パパは、ののちゃんがうまれた翌日、区役所に出生届を提出に行き、ののちゃんは、ののちゃんという名前になった。

そして、今までののちゃんは、ののちゃんだけだったというのに・・・・
なんと!!
もも組に新しく「ののちゃん」がやってきたのだ!!
まさか!!
えーーー!!
のの&のの
仲良しのお友達になっていくのか、はたまた良きライバルになっていくのか・・・
二人のののちゃんの成長が楽しみだ☆
[PR]
by snonoy | 2006-04-09 22:38
d0063903_222079.jpg
お誕生日おめでとう。

1才の誕生日には、「背負い餅」
前日に叔父が作ってくれた一升餅をののちゃんが背負う。
とっても重いので、パパとママが手をそえて、よいしょ!!
一生食べ物に困らないようにと祈りをこめた儀式。
d0063903_21595788.jpg


鯛もお赤飯もパクパク食べました!
d0063903_22141071.jpg
ケーキも少し食べました。
d0063903_2211256.jpg


ののちゃん、大きくなったね。
生まれてきてくれて、本当にありがとう。
d0063903_22164885.jpg

あなたのいない人生なんて考えられない。
本当にありがとう。パパとママのところにきてくれて。
[PR]
by snonoy | 2006-04-09 22:19