育児日記


by snonoy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

小鳥の会・職場復帰組

平日のランチ納め。
いよいよ、仕事がはじまるぞ。

働くママは、底なしのパワーが漲ってるんだい!
家族のために、自分のために常にキラキラしていなくっちゃね(^^♪

上手に時間を使って、家事も育児も仕事も自分自身も、ぜ~んぶ楽しもう!!
おーー!!
[PR]
by snonoy | 2006-03-28 22:53 | 小鳥の会
d0063903_22334058.jpg

パパは、観葉植物とマドラー
私は、白いお皿を買った。

あたたかい週末だった。
桜は、もうすぐかな?
[PR]
by snonoy | 2006-03-28 22:44

春だ。イメチェンだ。

春がくる。
パーマをあてに行こう♪

先日うちに来たカミのパーマがめちゃくちゃかわいかった。
「何!その巻き髪は??かわいい!!かわいすぎる!!」
「デジタルパーマ」
「デ、デジタルパーマ???」

子育てに没頭してる間に世の中のことにすっかり疎くなってしまっていたようで、初耳だった。
よし!!
私も、デジタルパーマあてちゃうもんね(^^♪
知ってる限りの美容室に電話しまくったけど、まだどこの美容室もデジタルパーマを取り入れていなかった。
カミに泣きついて、デジタルパーマをやってる近所の美容室を紹介してもらい、
今日。
めでたく、あてちゃいました!!
デジタルパーマを!!ラララ~♪
この世のハルがきた!?
[PR]
by snonoy | 2006-03-24 20:38
引っ越してきた夜、窓から見える隣のマンションを見て、なんだかなつかしいような気持ちがした。
そういえば、以前に泊まったことのあるパリ郊外のホテルになんとなく似ているようだ。
薄いオレンジ色の外壁に、曲線をいかした外観。
夜になって照明がはいると、昼間の斬新なスタイルとはまた違って、やわらかくあたたかいイメージ。
パパもそのことを思い出したと言って、会話がはずんだ。
ルーブル美術館の地下で真夜中の演奏会。
終電はとっくに終っていたが、パリ市内は昼間のように活気があった。
タクシーでホテルに戻る時見た薄いオレンジ色の外壁は、先程の演奏会での華やいだ雰囲気をそのまま包み込んでくれるような気がした。
d0063903_140287.jpg

と、いうわけで、となりのデザイナーズマンションの夜の美しい姿を眺めながら、私たちはちょっと優雅な食卓を囲む生活がはじまった。
食事がおいしく感じられるね。
まるで、パリ郊外のレストランで食事をしている気分??
[PR]
by snonoy | 2006-03-23 14:06
産院で同じ週にうまれたベビーの合同誕生日会を我が家で開いた。
最近とても賑やかなののちゃん亭でございます。

ママたちの持ち寄りパーティーのはじまりはじまり~~♪
クミちゃんは、フライドポテト、手羽先の唐揚げ、チーズケーキ、たこせん。
トモちゃんは、おいなりさん、ピザ、マンゴープリン。
チカちゃんはサンドイッチ。
私は、たこやきの用意と、マロニーちゃんサラダ、しゅうまいおにぎり、オレンジケーキ。
みんな料理上手で、とってもおいしかった!!
素敵なママたちだなぁ。
d0063903_1344383.jpg

ののちゃんがうれまれから、産院での検診や育児教室などでともに過ごすうちに親しくなった仲間たち。
それぞれ仕事復帰して、休日もバラバラなので、今までのように集まるのはちょっと難しくなってしまうのがさみしいなぁ。
でも、また集まろうね!!
[PR]
by snonoy | 2006-03-23 13:49 | さくらんぼクラブ
以前の職場の同僚がののちゃんに会いに来てくれた。
ののちゃんがうまれた時以来。約1年ぶりの再会。

そして・・・・・
ののちゃんに、とても手の込んだ手作りおもちゃをプレゼントしてくれた。
見ると、ぜんぶ手縫い。刺繍もすべて・・・・
毎日取り組んでも1ヶ月以上はかかるだろう遊べる布絵本だった。
私は、わぁーーーーん!!と泣き出したくなるくらい感動して、言葉を失った。
私の愛するののちゃんのために、一体彼女はどれほどの時間を費やしたんだろう。
その莫大な時間や、ののちゃんのために一針一針縫ってくれたその気持ちを思うと、本当に感謝しても足りなくて、それなのに、私は言うべき言葉が見つからず、ただ「ありがとう」とか「うれしい」とかそんな言葉ばかりが口をついて、なんだか悔しい思いをした。

彼女とは3年同じ職場で過ごした。
私にとっては最高のパートナーだった。
私が先に異動になって、離れたとき、愕然としたことを今でもリアルに覚えている。
私は、なんて安心して仕事ができていたんだろう。
なんて、さりげなく私をフォローしてくれていたんだろう。
毎日いれてくれたお茶はとてもおいしくて、私は、「人にいれてもらったお茶ってなんでこんなにおいしいんだろ?」なんて思いながら、楽しく過ごしていたが、彼女が丁寧にいれてくれていたから、とてもおいしかったんだと気がついた。
本当に楽しく、活気のある職場だった。
子供たちにもよく二人の仲のよさを指摘されていた。
そして、異動になり彼女がいない職場で、私は体調を崩し、半年間微熱が続いた。
それくらい大切な人だ。

いつか、ののちゃんが言葉を話せるようになったら、
「ありがとう」を言いに行こうね!!


布絵本の表紙
d0063903_7431584.jpg

広げると・・・
d0063903_7454278.jpg

ひっくりかえすと・・・
d0063903_7461388.jpg

買い物や料理や洗濯。おてつだいの絵本になってる!!かわいい~~!!
文字もすべてが刺繍。すごいなぁ。
d0063903_7485224.jpg

ひとつひとつにマジックテープがついていて、はったりはずしたりして遊べる。
d0063903_751861.jpg

ワンピースを着せ替えられるよ。
d0063903_7532294.jpg

フライパンでジュージュー。何を焼こうかな?
d0063903_7535367.jpg

かごから出して、洗濯物を干しましょう。
d0063903_7542580.jpg

晩ご飯のメニューは何にしようかな?買い物かごにいれてね。

わーい!!たのしいね、ののちゃん。
よかったね☆ののちゃん、幸せだね。
まだ、ののちゃんは、マジックテープでくっついた小さなパーツをはずして遊んでる感じ。
でも、とても楽しそう。
長く遊べるすてきなおもちゃ。
本当にありがとうございました。
[PR]
by snonoy | 2006-03-22 08:00

地元の友達

中学・高校時代の友達が遊びに来てくれた。
カミ、カネコ&エミカちゃん、フミコ、ミヤコ。(到着順です。)
(ハプニングあり。)

みんなで、パパも一緒に、鶏団子鍋をつついた。
残念ながら、遠く離れているヨッチャンとマキには、会えなかったけど、
久しぶりに会うと、気分はすっかり高校生に戻って本当に楽しかった。
d0063903_941166.jpg

お鍋のあとには、ティータイム。
それぞれが持ってきてくれたお菓子を食べた。
ケーキや、パイやカステラや色々。

ミヤコの誕生日ということで、ろうそくを立てて、電気を消してろうそくをふ~してから、ケーキを食べた。
あ~おなかいっぱい。

4歳のエミカちゃんが、とってもかわいくて、4歳の女の子ってこんな感じなんだぁと思った。
すっごくかわいい~~
とても人なつっこくて、パパもとてもかわいいみたいで、
エミカちゃんの頭をよしよしして、「また遊びにきてね」と声をかけていた。
帰るとき、玄関でバイバイしてたら、
向こうから、かわいい笑顔で走って戻ってきた。
私は、しゃがんでハグをした。
もう!!!!! かわいいんだから!!!!

おまけ
あの時開けれなかった、ワイン。
夜に、なんとか開けてもらい、飲みました。
おいちかった。
みんなごめんね。ぺこり。
[PR]
by snonoy | 2006-03-19 09:13

神戸空港

d0063903_22265472.jpg
大学時代の部活の友人が遊びにきた。
片道3時間半以上かけて、ののちゃんに会いにきてくれた。
ののちゃんがうまれた時も、遠いのにわざわざ産院まで足を運んでくれた。

大学時代は、部活の仲間、女4人であちこち旅に出た。
夏は合宿を挟んで、1ヶ月はずっと旅!!
次の旅の場所を決めるときは、泊り込みで各自が自分の行きたいところを猛アピール。
なかなか意見がひとつにまとまらず、気まずい空気になりながらも、場所が決まれば、あとは細かい動きを決める。(その頃には朝になっている。)
卒業前にはエジプトに行き、ピラミッドの中を登り、ファラオの棺をみたりした。
ナイル川をクルーズし、船上パーティーでは市場で買った色違いの民族衣装を着てダンスを楽しんだ。
なつかしいなぁ。

久しぶりに会って、たくさん話をしたかったのに、私が猛烈な睡魔に襲われ、泣く泣くおやすみの挨拶をした。
朝、トーストとハムエッグを食べていると、
パパがののちゃんをみておくから、どこかにでかけておいでと言ってくれた。
ののちゃんがうまれてはじめて!!!
今まで、ママ友たちが、パパにベビーを預けて友達とランチに行ったりしてる話を聞くと、うちのパパはいつになったら言ってくれるのかな?と心待ちにしていたのだ。
ののちゃんがうまれてはじめて、私は友達と外出し、開放感ですがすがしい気分になりつつ、内心ののちゃんが気がかりでしかたなかった。

色々迷った結果、神戸空港に行くことにした。

すごい人で、食事をするにも、大行列。
三ノ宮に戻って、以前からとても気になっていたお店でランチをした。
あっというまに時間が過ぎてしまった。
バイバイして、4時間近くたってから、
「今、帰ってきました」とメールがきた。
その距離を考えると、本当にありがたいなって思った。

帰ると、ののちゃんがぐずるので、3時間ずっとお菓子をあげ続けていたとのこと。
与えた量を聞いて、気を失いそうになった。
やっぱり、そんなことになってしまったか・・・・・・・・ふー。
[PR]
by snonoy | 2006-03-16 22:32

3月のプリぼん倶楽部

d0063903_21552144.jpg

合同誕生日会。
かっちゃんが、お赤飯を作ってくれていた。
1歳か・・・・・
なんか、じーんときちゃうなぁ。

まだネンネの頃は、一枚の布団に5人寝ていたのにね。
今では、自分の遊びたいように自由に動き回るようになった。
d0063903_21584032.jpg
d0063903_2159851.jpg

今回は、初節句の話で盛り上がったよ。
[PR]
by snonoy | 2006-03-16 22:00 | プリぼん倶楽部
d0063903_2149349.jpg
小鳥の会でランチ☆
4月から仕事復帰のママもいるので、平日にこうしてみんなで集まれるのもこれが最後かな。
1歳になったベビーともうすぐ1歳になるベビー。
みんなまとめて、お誕生日おめでとう!!
d0063903_21495546.jpg

[PR]
by snonoy | 2006-03-16 21:50 | 小鳥の会