育児日記


by snonoy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

昼下がり、ママ友グループ(小鳥の会)の、わかなちゃんママからメールが届いた。
「スイートポテトが焼きあがりました。来れる人は公園に来てね!」

きゃ♡
スイートポテト大好き。
ののちゃん、公園まで急ごうぜ!!

11組のママ友メンバーのうち、6組が集結。
おいしいスイートポテトをいただきました。
おしいかった♪
ほっこりほっこり。

ステキな散歩になりました。
わかなちゃんママありがとうね!!

私も、お菓子作りしたいな。
いつか、ののちゃんと一緒にお菓子作り。
とっても楽しそう(*^。^*)
d0063903_22353337.jpg

[PR]
by snonoy | 2005-10-31 22:39
ママ友naoちゃんから、ブログ内のバトンがまわってきましたので、質問に答えたいと思います。

♡ お子様の年齢(何ヶ月)  性別  
    もうすぐ7ヶ月。 色白のかわいい女の子です!

♡ 生まれたときの感想は?
  うれしくて、ほっとしました。本当にうれしかった。ただそれだけです!!

♡ うちの子のここが一番
  笑顔です(^^♪  それと、今のところ、お得意の「ひこうき」です。一日に数え切れないほどしてくれます。

♡ 将来どんな子に育ってほしい?
  自分にとって大切なことや人の前では、いつも素直であってほしいです。

♡ 次にまわす人
  パンプちゃんのママ、どうですか?
  ののちゃんと誕生日が近いのです~。この夏、パンプちゃんとキャンプに行ったそうです。うちもキャンプに行く話は出たのですが、今年は無理と決め付けていました。目から鱗!!来年こそ、ののちゃんをキャンプに連れて行きます!!
[PR]
by snonoy | 2005-10-30 15:35

海老!!

d0063903_145165.jpg

先日パパ方のお母さんから、大きな海老が届きました!
九州・熊本からとれたての、甘くて、プリプリ、ふわふわ、もっちもちのおいしい海老です。
写真は、ほんの一部。

届いた日は、生でいただきました。
最高においしいです。なかなかこんなに立派な海老は食べられません。
甘くて、歯ごたえがあります。

たくさん送ってもらったので、
これから、天ぷら、エビフライ、ホイル焼き、マヨネーズ炒め、パスタやグラタンにいれたりしたいと思います。

この前はエビチリにしたけど、おいしかったで~す(^^♪
でもやっぱり、ママは刺身が一番すき。パパは天ぷらがいいみたいです。
[PR]
by snonoy | 2005-10-30 15:04
おばけハウスで~す!!

タオルとフェルトで作りました。
ドアは、わざとジグザグに縫ってこわいかんじを出しています。

こどもって、妙におばけがすきですよね?
おばけたちのかくれんぼ。

もういいかい? まあだだよ。
d0063903_14311875.jpg

[PR]
by snonoy | 2005-10-30 14:31 | 手作り

ののちゃんのほっぺ

もうすぐ7ヶ月になる、ののちゃん。
今まで、ののちゃんのほっぺにはほとんど触れたことがなかった。

ののちゃんのほっぺは、とっても綺麗で、
私のカサカサの手で触ると、もしかしてほっぺがキズつくんじゃないかって心配だったのだ。

いつも、鼻やあごや、おでこをさわって、
あやしたり、歌をうたったりしてきた。

あっというまにもう、7ヶ月。
今日、おそるおそるののちゃんのほっぺに触ってみた。

なんて、やわらかいんだろう。
この世にこんなにやわらかいものは他にないんじゃないかと思うほど、
やわらかくて、フワフワすべすべしていた。

私がほっぺをさわさわすると、
とっても気持ちよさそうに、ののちゃんは目をほそめた。

もっと、触れてよかったんだ。




d0063903_22195831.jpg

[PR]
by snonoy | 2005-10-29 19:10

手作り =その6=

d0063903_18143895.jpg

今月号の育児雑誌の「お昼寝のあいだに ちょこっと♡手作り」のコーナーで紹介されていた「あったかブーティー」をつくってみました。

分厚いフェルトで作っています。

これからの季節、お散歩のときに、ののちゃんの足先をほんわかあったかく包みこんでくれますように・・・・・
d0063903_18173253.jpg

[PR]
by snonoy | 2005-10-23 18:18 | 手作り
離乳食、10倍がゆはするすると進み、
とてもおいしそうに食べてくれた。
1さじ、4日目には2さじ、そして6日目から3さじと少しずつ増えて、
開始から10日目、いよいよ人参ペーストがスタート。

おかゆは、おいしそうに食べてくれたけど、
にんじんさんはどうかしら? 


人参は、近所の無添加・無農薬の自然食品のお店でゲットした。
割高だけど、最初は、やっぱりいいものを食べさせたい。
土にまみれたにんじんをにぎりしめ、フンフンと鼻をならしながら意気込んで家路を急ぐ。
気合は十分だ!!


にんじんペーストのつくり方をいろいろ読んで調べると、
2種類のやり方があった。
①生のにんじんをおろし金ですりおろしてから煮る
②小さく切った人参を煮てから、うらごしする

①の方が後でうらごしする手間がないため、らくにできる。
と載っていたが、とりあえず両方の作り方を試してみようと思った。

まず①の方から挑戦だ!
生の人参をすりおろす。
あれれ・・・・すっごい大変!
びっくりした。今までセラミックの底がくっつくタイプのおろし金で大根は片手でスイスイおろせた。が、赤ちゃん用のおろし金は小さく、消毒できるプラスチック製なので底がもちろんくっつかない。両手でゴリゴリ・・・・・大根より人参はおろしにくいのか、かなり時間がかかった。
半分すりおろした時点でギプアップ!手がつる~。
小さじ4杯分の人参がすれた。
え!!!! こんなに手が痛くなったのに、小さじ4杯かぁ。とほほ。
気をとりなおして、お鍋で煮る。
少量で、すぐ焦げ付いたら大変なので、お鍋から離れられずにいたら、
ののちゃんが、電話線をガジガジしていた!! NO!!!!!!!!!!!!!
うわーん。ばっちいじゃないの。ののちゃん。
そんなところまで動けるようになったんだ。
昨日まで、そんなとこ行けなかったのに・・・・・
ママはうれしいよ・・・・そして、ちょっと複雑。


次に、②のやり方に挑戦!
残りの人参半分を小さく切って20~30分煮て、うらごしする。
こんなにやわらかいんだから、うらごしなんて簡単だよねと思ってたら・・・
うらごしって結構大変なんだなぁ。
か~な~り時間がかかった。
できあがり、小さじ3杯半。が~ん。それだけかよ!!

さ、片付けをしよと思い、裏ごし器を洗ったら、
裏側にペーストされた、にんじんさんがびっしりくっついていた☆
NO!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
かなり、ショックでコケそうになったよ。うわ~ん。
たっぷりの、にんじんたちよ。うらごしされて、フワフワで心なしか輝いて見える。
小さじ何杯分だろう? 考えるのよそう・・・


この二種類のやり方を比べると、
手間は、ほとんど同じような気がする。若干①の方がらくかな?でも微々たる差?
どっちにしても、大変だ。
あれやこれや、自分たちの食事の用意もしたりで3時間はかかってるし。
でも、できあがりを見ると、②の方がなめらかでふんわりしてる。

このにんじんペーストは、だし汁や野菜スープなどでのばして食べさせるらしい。


いざ!にんじんペースト、小さじ1よ!
ののちゃんの反応や如何に!
1口入れると、嫌~な顔して、ペペペと出してしまった。
おかゆを1口いれると、おいしそうにパクパク。
にんじんをいれると、顔をゆがめて、ぺぺぺ!
おかゆパクパク
にんじんぺぺぺ
・・・を数回くりかえしているうちに、ついに人参のときに泣き出してしまった。

離乳食で肝心なことは、手間隙かけて作ったからと言って、無理強いしないこと。
ぺぺぺってされちゃうことを覚悟で楽しく作ることだ。
しんどい時は、BFを上手に利用すればよいのだ。
d0063903_12581776.jpg

[PR]
by snonoy | 2005-10-21 12:17

スローライフ

とうとう風邪でダウンしてしまった。
授乳中は絶対薬を飲みたくなかったのに・・・・・

朝起きると、咽喉がとっても痛い!
唾液が通るだけでも焼け付くような痛み。
これはやばいぞと思い、さっそく近所の薬局へむかう。

「授乳中ですか。では、薬もトローチもだめですね。
おいしいものでも食べて、ゆっくりして、自力でなおしてください。」

・・・ゆっくりなんてしてられない(>_<)
昔から通っていた内科で診察してもらい、影響のない薬を処方してもらった。
先生を信じて薬を飲むことにして、とにかくはやく風邪をなおしてしまおうと思った。
おいしいものを食べたいだけ食べ、一週間後には、体重がグングンとアップしていたが、おかげで何とかましになった。
とりあえず、ほっ☆


薬を飲むと頭がボーっとして、とにかくだるくて、
ののちゃんとのステキな時間を満喫できなかったことがなりより悔しい。

今しかない、このキラキラした時間。
イライラしたり、グチグチ言ってる間に過ぎてしまうなんてもったいない。
仕事してる時は、あんなに長く感じる時間が、ののちゃんと一緒だと本当に早く感じるよ。

ののちゃんをだっこしてベランダで雲を眺めるあのゆったりした時間は、貴重な時間。
キャンプ用のイスだが、意外なほど座り心地は良く、雲がゆっくりゆっくり流れる様を二人で楽しむ。

スローライフ。
ののちゃんとむきあって、ほほえんで、ほほえみかえして。
日常の小さな、でもドキっとするようようなステキな時間を、ゆっくりと味わいたい。
ののちゃんの小さな成長を、ひとつひとつゆっくりと喜んで、私もひとつひとつ成長していきたい。

=離乳食、順調に進んでいます=
d0063903_11463223.jpg

[PR]
by snonoy | 2005-10-17 08:08

親のためにできること

d0063903_2339337.jpg

二日ほど前。
ののちゃんが、こんな風に両手両足をピーンとのばし、背中をそらし、飛行機のような格好をした。
きゃっ!かわいいっ!と思った私は、頭をなでなでしながら、
「ののちゃん。ひこうきみたいだね~。ひこうきブーンだね~。」
と声をかけたのが、はじまりだった。

昨日も、このひこうきをして見せてくれて、私はまた同じような態度をとった。

すると、今日は、何度も何度もひこうきをして見せてくれた。
「おっおっおっ!」と、私を呼んで、自分を見てくれているのを確認すると、おもむろにひこうきのポーズをする。

両手両足をピーンとのばし、空中に浮かせて、背中はかなり反っていて、腹筋やら背筋やら、持っているすべての筋肉を使って、首をグイっと持ち上げて、一生懸命して見せてくれるのだ。
一度すると、心底疲れるらしく、「ふ~~~」と長い呼吸をする。

何度も何度も、ひたむきなまなざしで、ひこうきのののちゃんは、私を見つめ返す。
私は、ほほえんで、そして、だっこしてギュウ♪をした。


夜になって、パパが帰ってきた。
ののちゃんは、パパの顔を見るなり何度も何度も、ひこうきをした。
そのひたむきなまなざしを、とても美しいと思った。
すべての力を注いで、体を伸ばし、疲れて長い長い息をしては、また首を持ち上げて、パパに見せる。
「わかった。わかったよ。ののちゃん。ひこうき、すごいね。上手だね。」
「もういいよ。ののちゃん。ゆっくりして。」と笑顔でこたえるパパ。


私はこの時になって、ようやく気づいたのだ。
ののちゃんは、パパとママの笑顔のためにひこうきをしてくれていたんだ!!!


!!!!!!!!!!!!!
愛情は、私がののちゃんにそそいでいると思ってた。

夜中に3度も4度も泣き、かと言って、ほとんど昼寝をしてくれないので、私はこの一ヶ月以上ほとんど寝ていない。外が好きで、外に出ると御機嫌。朝と昼、1時間半ずつの散歩。ぐずるので、半日だっこ。大泣きすると洗濯を干す時も、ご飯の支度の時もだっこ。
妊娠して6キロしか増えなかった体重が、15キロ減った。
気持ちは、毎日とても充実していて幸せを感じても、体力的にはかなりキツイなと思っていたところだった。


私がののちゃんのためにできることって何だろう?
いつも考えていたこと。
私がののちゃんのママとして、どうありたいのか?
そのためには、どうしたらいいのか?
睡眠不足であるにもかかわらず、手作りおもちゃをせっせと作っていたのも、私のひとつの愛情表現だった。
ののちゃんがうまれてきてくれてから、この半年、私はひたすらののちゃんに愛情をそそいできたつもりで、
「親の愛というものは、絶対的で見返りをもとめないものなのだ。フムフム・・・。」
などと、思い込んできたけど、
愛情は、私からの一方的なものなんかじゃなかったんだ!!

ののちゃんのひこうきは、私たちへの愛情表現。
愛情は、ののちゃんから私たちへそそがれていたんだ!
今までぜんぜん気がつかなかった!

ののちゃん、ありがとう♪
パパとママを愛してくれて、本当にありがとう。

あなたは、私たちにとって最高の娘です!!

今日、パパに
「次、生まれ変わっても、また私と結婚する?」って聞いたら
「するよ。 あっ!でも、ののちゃんがパパと結婚したいって言ったらどうしよう!?う~ん。う~ん・・・」と、しばらく考えて「やっぱりママとする。」と言ってくれました。

でも、ののちゃん。
パパは内心、次はののちゃんと結婚したいと思ってるかもしれないよ!
その時は、パパをよろしくね♪
頑固なパパをお願いね。
そして・・・ママは、ののちゃんとパパのあかちゃんとして誕生しちゃいま~す!
そしたら、また3人で、わいわい楽しくやっていこうね。
わ~ん。また楽しくなってきたぞい(*^。^*)
d0063903_0364641.jpg

[PR]
by snonoy | 2005-10-08 00:21
=9月=

大きな成長が三つあった。
①寝返り
②歯が生え始めた
③おもちゃを握れるようになった

寝返りは、8月30日に1回。
その後しばらく何もおこらず、9月12日に1回。13日に1回。
14日からはコロンコロン。でも、うつぶせになっても戻れないので、しんどくなったら泣く、の繰り返し。
寝返りができるようになった時、自分でも意味はわからないが、「子育てがいよいよ本格的にはじまるんだ。これからだ!」って思った。


d0063903_22263076.jpg
1年前は、何をしていたのかというと・・・
多分、父親教室に行ったんじゃないかな?
3キロの赤ちゃん人形を、お風呂に入れたり、おむつを替えたり、
10キロの砂袋をお腹につけて、立ったり、寝転んだり、しゃがんだり。
パパはまだ実感がわいていないような感じだったよ。

7年前の9月。
「あんなにおいしいハンバーグは、生まれて初めて食べた!」と大興奮のパパ。
へぇ~、じゃ、今度作り方聞こっと。と思ってたいたら、ついつい聞きそびれてしまい、大事な人は亡くなってしまった。
私にとっては、お茶の先生。
私たちのゼミの教授の奥様だ。
聞きたいことは、その時に聞く。やりたいことは、その時にする。
先のばしにするのは、馬鹿だと心から悔やんだ。
ぜひ、その味を受け継ぎたかった。
その美しい人は、私に年齢を重ねていくことを楽しいと思わせてくれた人。
人生は、そのまま顔にあらわれる。
だからこそ、楽しいのだ!!
[PR]
by snonoy | 2005-10-06 22:03 | 振り返ってみると・・・