育児日記


by snonoy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2006年 07月 30日 ( 2 )

薪能

近所の神社で薪能をやっていたのでいってみることにした。
ののちゃんは、金魚柄の甚平さんを着て、私は今年新調した浴衣を着て。
パパはいつもより一本早い電車で帰ってきてくれて。

まず解説があって、能が始まったので、思っていたよりも楽しむことができた。
が、ののちゃんが予想通り騒ぎはじめたので、交代であやして、ついには途中で帰ることになってしまった。
ま、こんなもんでしょう。

薪の火がキレイでした。
夏の夜に似合っていました。
[PR]
by snonoy | 2006-07-30 10:59
職場の夏の大きなイベント、3つの小学校合同のサマーカーニバルがおわった。ホッ。


いよいよ、祭のラスト、私はミニーマウスに扮装し、頭に大きな耳とリボンをつけて、いざ出陣☆
担当につかされた時は、ギョエー! まいったなぁ。。。と、思っていたが、本番は、400人くらいの人の中でも、うちのこどもたちのことしか見えなくて(見ないようにして)、意外にも全く緊張しなかった。
練習の成果もあって、なんとか踊りきることができてようやく肩の荷がおりたぜ、やれやれと思っていた。

うちのこどもたちもバッチリ決めてくれたので、あとでみんなをほめてあげなくちゃと思っていると・・・・


「ミニーちゃん、すごくかわいかったよ!!」
「一番、上手だった!!」
「終わりの会で、誰が一番上手だったかみんなに聞いてみよう? みんな絶対、先生が一番っていうよ!!」
・・・・・
など、次々にうれしい言葉を投げかけてくれた。
そして、汗が滝のように流れている私を、うちわで扇いでくれるのだった。
まさか、そんな風にこどもたちが受け止めてくれたとは・・・・・
ひとりひとりにハグしたかったけど、尋常じゃないくらいに汗でベタベタだったので、やめておいた。



子ども会や、母親クラブや、老人会など、地域一体となった手作り感あふれる祭。こどもたちはみんなに見守られていることを何となく肌で感じとってくれただろうか?
[PR]
by snonoy | 2006-07-30 08:29